ミノキシジル副作用や効果が引き起こすカラダの変化とは?

MENU

ミノキシジルの副作用や効果をよく理解しよう!!

ミノキシジルの副作用とは?

 

30代をメイン、早くて25才過ぎくらいの男性の、頭のてっぺんや生え際が薄くなる特徴的な薄毛の事を「男性型脱毛症」ですとか「AGA」などと言います。

 

このAGAへの対処方法は近頃かなり進化してきています。効き目に差はあるものの、AGAの治療方法が固まってきているからです。プロペシアやミノキシジルを一緒に使用する事で、薄毛をある程度改善できる事が分かったのです。

 

特にミノキシジルは、元来血管を拡げる作用のある高血圧症の服用薬として、米国で重宝されていました。それに関する副作用である「多毛症」をヒントに、育毛剤として使えるようにと研究が進められてきたのです。

 

ミノキシジルは始めの頃は服用薬がメインでしたが、最近は塗布タイプのものがメインとなってきています。そして、ミノキシジル入りの知名度が高い育毛剤としては「リアップ」などがあり(大正製薬)、これはドラッグストアで買う事ができます。

 

リアップは「壮年性脱毛症」に関する育毛・発毛促進、そして抜け毛のエスカレートを防ぐための育毛剤です。リアップには1パーセントのミノキシジルが入っており、これにより発毛作用が発揮されます。さらに、5パーセントのミノキシジルが入っている「リアップ×5」も存在します。
ミノキシジルの配合量に秀でている分高いですが、発毛作用も高いです。

 

そして、大正製薬はリアップの発売の前に「ミノキシジルに関する副作用の臨床テスト」を実施しています。そのテストでは、被験者の1割以下ではあるものの、副作用が発生しました。
一番出やすい副作用は「頭皮の痒み」です。さらに、頭皮の湿疹や炎症、脂漏性皮膚炎等も発生したそうです。

 

ミノキシジルがたくさん入っているほど、やはり副作用が起きやすく、ミノキシジルが1パーセントのものについては被験者のおよそ5パーセント、ミノキシジルが5パーセントのものについては被験者のおよそ9パーセントに何らかの副作用が生じたそうです。

 

その他の、むくみ、体重増加、頭痛、だるさ、眠気等の副作用が起きる事もあります。
公式のデータではないですが、イライラ感、呼吸の辛さ、心臓のチクチク感などに襲われる事もあるようです。ただ、それらの症状が全部ミノキシジルのせいだとは言い切れませんから、過剰に心配する事もありません。

 

リアップ×5であったとしても、別にミノキシジルの配合量はまだまだ十分「少ない」と言える範囲です。ですから、重大な副作用は「まず出ない」と考えて構いません。
自分にマッチしていなければ、まずは痒みなどの軽い症状が出ますから、最初は少しだけ試して、長期利用をしても良いか否か見極めるようにしましょう。

 

これからミノキシジルの効果や副作用を紹介致します。

 

多毛症
多毛症に陥ると、鼻毛、すね毛、ヒゲ、眉毛などの体毛が頑丈かつ太くなります。
腹毛や胸毛等も同様に濃くなる場合があります。

 

さて、ミノキシジルには頭皮に塗布するものと、飲用するものの2種があります。
後者の方が多毛症に陥りやすいと見られており、前者は多毛症を招く事はあまりありません。

 

性的不能と性欲低下
ミノキシジルを使うと、性欲低下や性的不能を招く事があります。
要因が明確になっていませんから、100パーセントミノキシジルのせいだと言い切る事はできませんが、無視できる傾向ではないので気を付けましょう。

 

また、ミノキシジルが妊娠や授乳に悪影響を及ぼす事もあるので、女性は気を付けなければなりません。
妊娠・授乳期間中にミノキシジルを用いると、母乳や母体にミノキシジルが含有されてしまい、乳児や胎児にもミノキシジルの悪影響が出てしまう事があるのです。

 

その場合、乳児や胎児の循環器系を蝕む事になりますし、健全な成長を阻害する事もあります。ですから、妊娠・授乳期間中の女性は、ミノキシジルを使わないようにしましょう。

 

ちなみに、ミノキシジルのパッケージなどにはその旨が記載されているはずです。

 

以上のように、ミノキシジルに関してはまだハッキリしていない事が多いです。
重々注意して、用法用量だけはきちんと守り、何か異変があれば即座に対応するようにしましょう。

 

 

 

 

 

低血圧症
ミノキシジルは元来高血圧治療を目的として作られました。
つまり、降圧作用、すなわち血管を広げる作用があるのです。
高血圧症の人は良い薬ではありますが、そうでない方が飲めば、血圧を下げ過ぎて危険な状態に陥る事があります。
つまりは、この「低血圧症」がミノキシジルの副作用の1つなのですが、ミノキシジルの全ての副作用の中でも起きやすいものであると見られています。

 

血圧は血の巡りに大きく関わっています。
まず高血圧ですが、要因としては「コレステロールの血管への蓄積」などがあります。そのせいで血管が細くなり、それでも身体は「頑張って」血液を巡らせようとしますから、その分血液を送る「圧力」すなわち「血圧」が上がり、心臓に負荷がかかるのです。
高血圧症が酷くなると心筋梗塞を招く事もあります。

 

反対の「低血圧症」ももちろん良くありません。
血を巡らせる圧力が低いので、身体の末端にまで血液が届きにくくなり、色々な支障をきたす事になります。

 

ミノキシジルを飲むと血管が拡がります。もちろん、毛根だけに留まらず肌にも関わってきます。
具体的には、肌の毛細血管が拡がり、血行が良くなり、肌の成長が促されて皮脂の生成量が多くなるのです。
これが肌荒れやニキビに繋がってしまう場合もあります。
このような事が頭皮で発生するとフケが増えます。

 

低血圧症の主な症状
・頭痛、偏頭痛、めまい

 

血の巡りが悪くなり、心臓からの距離が遠い場所ほど血流障害が起きやすくなります。
最も起きやすいのは脳です。
脳への血の供給が滞ると、頭痛、偏頭痛、めまいなどが生じる事になります。

 

・冷え性

 

手足も心臓からの距離が遠いので、血が行き渡らず、冷え性に陥る可能性があります。

 

・不眠、寝起きの悪さ

 

脳への血の供給が足りないと「不眠」に陥る場合があります。
さらに、低血圧症により寝起きが悪くなることがあります。

 

このような状態が継続してしまうと「睡眠不足」に陥る事があり、居眠りや集中力不足を招く事があり、日々の生活に害を及ぼす事があるので油断はできません。

 

・食欲低下、腹痛、便秘、下痢、嘔吐感

 

消化器系への血の供給が足りなくなると、胃腸の調子が悪くなり、食欲低下、腹痛、便秘、下痢、嘔吐感などに襲われる場合があります。

 

・不整脈、息切れ、動悸

 

心肺機能の衰えを招く事もあり、不整脈、息切れ、動悸などを招いてしまいます。

 

 

以上のように、低血圧症は色々な器官に害を及ぼす恐れがあり、かなりリスクの高い副作用であると言えます。

 

 

 

リアップ(大正製薬)の登場により、ミノキシジルの発毛効果は国内でも一気に有名になりました。

 

しかし元来ミノキシジルは、米国では血管を拡げる降圧剤として利用されていました。そして、使用していた患者の毛髪や体毛が増えたので、発毛剤としても使用されるようになったのです。ちなみに、もう降圧剤として使われてはいないようです。

 

その理由は、心臓関連の副作用、すなわち動機や狭心症発作が起きるようになったからです。
ですが、もしかしたら「血管拡張剤で狭心症が起きるのはおかしい」と思うかもしれません。
狭心症とは、心臓に栄養を運ぶ感動脈が狭くなって、酸素(血液)が不足して生じる心臓の痛みの事ですし、血管を拡張させる事はむしろ良いのではないかと感じるのも自然な事です。

 

ただ、ミノキシジルの場合「動脈の血管は拡げますが、静脈の血管には効かない」のです。
血は「心臓から動脈へ、動脈から静脈へ、静脈から心臓へ」と循環しますから、動脈が拡がっているのに静脈がそのままだと「静脈のクッション効果」が発揮されないので、心臓に一気に血液が送られて、心拍数が異常に上がってしますのです。

 

つまりは心臓が活発に動くという事なので、酸素の消費量が増えるのですが、その酸素をほぼ冠動脈だけから補う事になるので、相対的に見れば足りなくなり、狭心症発作が生じやすくなるのです。

 

冠動脈が狭くなることが原因で酸素が心臓に供給されづらくなるタイプの狭心症もあれば、心臓が活発になりすぎて、酸素が足りなくなるせいで生じるタイプの狭心症も存在するという事です。

 

そして、ミノキシジルの血管を拡げる効果により血圧が急激に低下すると、血圧をキープしようとして、脳が血圧を上げる作用のある交感神経を、反射的に緊張させます。

 

そうなると、もっと心拍数が上がるので、不整脈や動悸、そして狭心症に見舞われやすくなります。そして、心拍数が上がった状態がしばらく続くと、心筋がどんどん肥大する心肥大に発展してしまいます。

 

心肥大になると、心臓での酸素の消費量が増加するので、酸素が不足するようになってしまいます。そうなると心不全を招きかねませんので、非常に危険です。

 

ミノキシジルに関する副作用それ以外の効果

ミノキシジルタブレット(服用薬)には、多臓器不全、高カリウム血症、人生全身線維症(関節拘縮、肌の硬化、腎不全を引き起こし、身体機能障害に至る疾患)、反射性高血圧、低血圧、顔の赤み、全身多毛症等の副作用があります。

 

これだけ危険であり、その上今はもっと安全な降圧剤がありますので、ミノキシジルを降圧剤として使用する事は無くなりました。そして、発毛剤として使用されるようになったのですが、実際はミノキシジルタブレットを発毛剤として承認して、奨励している国は存在しません。

 

ですから、現状あくまで副作用が起きにくい外用薬だけが認められています。ミノキシジルタブレットを使いたいのであれば、必ず医師に相談して、各種診断・検査を受けてから使用するようにしましょう。

 

副作用が危険な薬ですから、検査としては6か月に1回、微量アルブミンに関する尿テスト、心電図、BNPを含めての血液テストを実行します。そこで、心電図にて心肥大の疑いが見られたり、異変があったりすれば心臓超音波などのテストに移行します。

 

外用薬(部分投与)にすれば副作用が抑えられるのではないかとして作られたのが、米国のミノキシジル含有剤のロゲインです。遅れて、国内でもリアップ(大正製薬)が登場しましたが、これらの副作用は血管が拡がる事が原因の頭痛やかゆみ、それから発赤などがメインです。

 

そして、必ずしもミノキシジルのせいだとは言い切れないのですが、外用薬であっても全身に少なからず薬剤が浸透するため、胸が痛くなったり動悸が起きたりした事例もあるようです。(ミノキシジル【大正製薬】の胸の痛みと動機に関して)。副作用が出たり、それと思しき状態になったりした際には、即座に利用をストップし、医療機関で相談する事が大事です。

 

外用薬で一番出やすい副作用の1つはかゆみですが、配合されているエタノールが原因であったり、ミノキシジルそのものにアレルギー反応が起きてしまったりしているという可能性もあります。ただ、実際のところ、大半は配合されているPG(プロピレングリコール)が要因です。

 

PGには、秀でた防カビ・防腐効果があるので、製剤の保湿剤や乳化(油と水を混合させる)剤として、長期にわたり働いてくれます。そして、乳化効果があるので、脂溶性である肌の細胞膜や頭皮の皮脂膜が、水分であるミノキシジルと混合して肌に吸収されやすくなります。

 

ミノキシジルを、毛乳頭が存在する真皮に届けるべく、大抵のミノキシジル外用薬にはPGが入っています。ただ、PGに関してアレルギーやかゆみが生じる体質の方もいますので、近年ではPGが入っていないミノキシジルも増えてきています。

 

普通のリアップにはPGが含有されていますが、リアップ×5やリアッププラスには含有されていませんので、後者で痒くなったりかぶれたりするのであれば、エタノールの方を疑いましょう。そして、当然エタノールが入っていない商品も存在しますが、そちらにはほぼ間違いなくPGが入っていますので良し悪しです。

 

ちなみに、PGもエタノールも含有量を1パーセント未満にしている製品も存在しますので、どれがマッチするのかを試してみるのも良いと思います。

店売りのミノキシジルの育毛剤は安心です

ミノキシジルはAGAに効くと承認されている希少な成分の1つです。AGAに効くと承認されている、その他の薬はプロペシア(フィナステリド)のみです。

 

さて、プロペシアの元来の使用目的は「前立腺肥大治療」であり、ミノキシジルの元来の使用目的は「血管を拡げる事により、血圧を下げる事」でした。

 

両方に副作用として発毛作用が確認され、それを活かすべく発毛剤としても研究されるようになったのです。一例として、プロペシアは育毛や発毛の邪魔をするDHTの生成を促進している「5α還元酵素」の動きをブロックする作用があるので、プロペシアを飲めば発毛作用が生じる可能性が高いです。

 

ですが、ミノキシジルに関しては「なぜ発毛するのか」という部分が判明していません。ただ、なんにせよプロペシアとミノキシジルを一緒に使う事で、発毛作用が向上する事が分かっているので、AGAの場合はどちらも使用するべきであると言われています。

 

また、ミノキシジルには血管を拡げる作用があるので、別の育毛剤と併用すると成分が毛根に染みわたりやすくなるとも見られています。

 

さた、ミノキシジルには副作用があります。とはいえ、日本のリアップシリーズ、国外のロゲンなどのミノキシジル含有育毛剤に関しては、使用方法を厳守する限り危険性はほとんどないそうです。

 

ただ、ミノキシジルを塗った頭皮に湿疹が起きたり、フケが増えたり、痒くなったりする事はあるそうです。ですが、それもユーザーの1割以下ですから、それほど危険視する事は無いはずです。

 

他には、ミノキシジルが豊富に入ったミノキシジルタブレット等の飲み薬も存在します。
日本では認証されていませんが、塗布薬よりも効き目が高い分、副作用のリスクも高いと見られています。

 

その際の副作用としては、嘔吐感、むくみ、動悸、血圧の下がり過ぎなどがメインです。元来は高血圧症の方のための治療薬ですから、血圧を下げる効果は高く、高血圧症の方が降圧剤などとミノキシジルを一緒に使ってしまうと、血圧が低下し過ぎる可能性があります。

 

ですから(特に血圧関連の)病気に見舞われている方は、医者に確認を取ってからミノキシジルを使うようにしましょう。もしも、異変が起きた場合は、即座に使用をストップして、医療機関に診てもらうようにしましょう。

 

 

ミノキシジルの危険性を回避するための手段!

 

 

ミノキシジルの育毛作用はきちんと承認されています。
ですが、育毛作用を発揮しつつも血圧を下げる事にはなるので、飲み過ぎないようにしましょう。
さて、ミノキシジルに関する副作用を避けるためのポイントは以下の通りです。

 

1、 飲み過ぎない

 

ミノキシジルは1日当たり10ミリグラムが服用の上限量となっています。ですが、肝臓に悪影響を及ぼしかねませんし、いきなり10ミリグラムも飲むのは止めましょう。最初は5ミリグラム程度にして、身体の経過を見定めながら必要であれば増加させていきましょう。

 

2、 国外サイトからは購入しない

 

国外の薬の中には、まだ国内では承認されていないものも存在します。
薬を飲む事そのものが難しい場合もありますし、飲む際は必ず馴染みの医者に確認を取るようにしましょう。
また、個人輸入も非常にリスクが高いので推奨できません。

 

原則、国内のミノキシジル育毛剤のみを使った方が良さそうです。

 

---------------------------------

 

 

ミノキシジル副作用育毛剤は正しい使用方法に従わないと、効果が実感できないというのが定説です。

通常は、夜に洗髪し、頭皮の汚れや古い角質を取り除いた状態で育毛剤を使用するのがベストでしょう。

湯船に浸かって全身の血の巡りを良くすれば、育毛のためにも効果的ですし、質の良い睡眠を得ることができます。

育毛剤は本当のところ効果を得ることができるのでしょうか?育毛剤には毛髪の発育をミノキシジル副作用サポートする成分があります。

その成分が体質にうまく作用できれば、育毛の効果が期待できる場合もあるでしょう。

ただ、すぐに効果が期待できるものではありませんし、適切な使用方法に従わなければ効果が得られないケースもあります。

抜け毛を改善するために使用する育毛剤は、頭皮を傷つけない自然由来の成分を活用したものが安心でしょう。

人工的に作られた成分の中には、人によっては何かしらの副作用が出る恐れのある添加物が含まれていることがあります。

それにひきかえ、天然成分のミノキシジル副作用育毛剤なら頭皮に穏やかに働きかけて、安全性も高くて、安心して使えます。

アムラエッセンスをシャンプーに混合して使用しているだけで、これほどまでに髪の分け目が自然になるなんて思わなかったという良い意味で期待を裏切られたという感想もよく耳にします。

また、アムラエッセンスで特徴的なのはその粘性の高さです。

初めて使用される方はびっくりされるようですが、この粘性の大きさにより十分な泡をたくさん形成し、ミノキシジル副作用頭皮を洗う行為をよりやりやすくしてくれています。

ただアムラエッセンスを混合してシャンプーすることで、なぜ薄毛の解消になるのかなんて常識的には思いますよね。

でも、そのような効果はアムラエッセンスにある天然アムラエッセンスによるものなのです。

インドにあるアムラというミノキシジル副作用果物の実の有効成分で作成したヘアーエッセンスであって、抜け毛を防ぐ効果があるだけでなく髪のハリとツヤにも効果的です。

イソフラボンは大豆によって多く摂取できます。

女性ホルモンとほとんど変わらない働きを行ってくれるので、ミノキシジル副作用男性ホルモンが出るのを少なくしてくれます。

なので、髪によい働きをします。

納豆、豆腐、さらに味噌などに入っていますから、取りやすいのです。

女性ゆえに薄毛で悩んでるなんて、ちょっと恥ずかしいと感じる方もおいでになるかもしれません。

育毛剤の事を相談出来るような人も周りにいないということも多いでしょう。

そんな場合は、既に使った経験のある方の評判や口コミを集めることをオススメします。

同じ悩みを持つ方の声は、きっと参考になるはずです。

どんな育毛剤でも、説明書の通りに使用しないと、いい結果を期待できないということです。

一般的には、夜に洗髪し、ミノキシジル副作用頭の汚れや古い角質を取ってから毎日欠かさず、育毛剤を使うと効果が期待できます。

湯船に浸かって体全体の血行を促せば、毛髪にも優しいですし、良い睡眠にもつながります。

日本の育毛剤のタイプは、2種類です。

ひとつは飲むタイプ、もうひとつは塗るタイプです。

塗布する育毛剤は誰でも気軽に使用できるので、使う人が多いです。

どちらの方がより効果があるかというと、飲んで使うタイプのものです。

服用する育毛剤は、塗るものと比較して、効果が早く現れます。

でも、ミノキシジル副作用人によっては、副作用が起きるリスクも存在しています。

市販されている育毛剤には、数百円で買えるものから数万円するものまで価格に幅があり、育毛に効き目があるとされる配合成分も多岐にわたります。

口コミが広がって人気の商品やよく買われていく商品を確認すると、主流となっている育毛剤の平均値は千円から八千円くらいでしょう。

1万円でおつりがくるくらいの値段の育毛剤を多くの方の使っているのですね。

頭皮にマッサージをすることを続けるとだんだん頭皮の様子が良い状態になり、今までよりも髪が伸びやすくなるはずです。

マッサージするのに爪をたてると頭皮を傷つけてしまうため、指の腹を使用し、優しく揉んで行いましょう。

頭皮マッサージをシャンプーする時に行うと髪も洗えて一石二鳥なのです。

育毛効果が感じられるまでは根気よく続けるようにしましょう。

あなたが育毛をしたいと思うのなら、皮脂を除去していくためにも、シャンプーがミノキシジル副作用とても重要といわれています。

また、運動で代謝をよくすることで、脂の除去を促すこともあるわけですね。

新陳代謝や血流もよくなるので、育毛効果が進むと発表されています。

体操をして、洗髪する場合に、頭皮マッサージを加えれば、さらに効果があるようです。

世間一般の育毛剤は、デリケートな女性にとって、どうしても刺激の強いものが多く世に出回っています。

ですが、この柑気楼はミノキシジル副作用化粧水のように肌が喜ぶマイルドな使用感が女性にも支持されています。

また、噂によると、無香料、無添加で弱酸性という所がポイントみたいです。

肌が心配な女性でも、安心して使用することが出来るという訳ですね。

育毛剤は使い始めてしばらく経つと、さらに脱毛してしまうことがあります。

脱毛・薄毛から脱出したくて育毛剤を欠かさなかったのに脱毛が増えたら、自分には合わないと思いますよね。

この症状は育毛剤が効いている証拠だとよくいわれることですので、ミノキシジル副作用信頼して使い続けてみてください。

1ヶ月くらい辛抱すれば髪が増えてくるはずです。

薄毛の問題は病院で治療をする事によって治るケースもあるといわれています。

病院の皮膚科では、ミノキシジル副作用頭皮などを診てもらうことが可能です。

自身の薄毛の原因が判明すれば、効用の期待できる対策をとることが可能かもしれません。

薄毛の悩みが病院に行くことで完全に解決するわけではありませんが、中には解決する人もいますから、ミノキシジル副作用手遅れになる以前にできるだけ早期に受診しましょう。

育毛剤のアンジュリンを実際にご利用になった方の口コミを掲載いたします。

継続して使用し1ヶ月くらいで、髪と地肌を触った感じに変化がありました。

新しい髪が生えている事がわかります。

ユーカリの葉のさわやかな香りで使いやすいです。

髪がミノキシジル副作用ツヤツヤになりました。

分け目から産毛も生え、感激です。

育毛剤のアンジュリンを継続して使っている方のレビューをみると、大抵の方が良い評価をしている傾向があります。

女性特有の薄毛対策としてすごい効果が期待できるとして有名になっているのがアンジュリンです。

育毛剤にありがちなアルコール臭が気にならないので、関心のある方はぜひ口コミ参照をオススメします。

脱毛を減らすためのプロペシアとは、アメリカが研究した錠剤で比較的、高い効能があると思われます。

その価値くらいのお値段もするのですが、市販は禁止されているので、ミノキシジル副作用受診しなければなりません。

中には芸能人など、飲んでいる方は多数の使用者がいるようです。

育毛剤は使い方が正しくないと、効果が期待できないとされています。

一般的には、夜シャンプーなどで髪を洗い、古い角質や頭皮汚れを取った状態で育毛剤を使うのが望ましいでしょう。

お風呂に入って全身の血行を良くすれば、育毛にも効果がありますし、きっとよく眠れると思います。

頭皮のマッサージをミノキシジル副作用毎日することで頭皮の状態はだんだん良くなり、増毛に期待が持てるようになるはずです。

爪をたててマッサージすると頭が傷だらけになるので、力を入れすぎず揉むように行ってください。

お風呂でシャンプーしながら頭皮を揉むと一度で頭がすっきりしますし簡単です。

髪の毛が増えるまで諦めずに頑張って続けるようにしてください。

更新履歴