両親で、子どもを(注意しない)叱らない。どちらかが叱るときは片方が見守る。その後は充分甘えさせる。

amaeru

我が家の父親はとても子供のしつけには厳しいタイプ。普段外で働いている分、帰宅して子供のことが気になるのでしょうが、専業主婦として家にいる母親である私にある程度任せて欲しくて決め、了承したはずですが私が子どもを注意している現場に遭遇するものなら、黙っていません。

そんなときは今度は夫婦喧嘩が勃発してしまうので、子どもには悪影響になってしまいます。私もそうならないよう気を付けていますが、仕事が終わって帰宅した途端に子供に意見するのはお互い気持ちが悪いと思うのですが、子どもはもうあきらめモードで慣れてしまったようです。
普段家にいる立場として、そんな父親をフォローしつつ私は子供には叱るより「注意する」ことに気を付けています。
父親に叱られるのは子どもにとっては、多少なりとも怖いもの。叱られた後はそのことに触れながら寄り添ってたっぷり話を聞いてあげるようにしています。その時は決して父親の悪口や愚痴は言わないように私も気を付けています。注意して教え諭すことで、子どもは悪かったということをちゃんと認識し、反省します。その時は求めてきたらたっぷり甘えさせるようにすると、子どもも変わりますね。
成長する過程で甘えさせることは、とても大事だと考えます。甘やかしとは違うので、その点は子供にも意識してもらうようにしていますが、何度かこのような経験を繰り返すと子供はちゃんと記憶しているので、あまり同じ失敗はしなくなります。
これからの人生で一番大事な10代のうちに、親として出来ることを精一杯やっていくつもりです。もちろん父親にも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です