返事をしっかりさせる

henzi

常に言っているのが、口があるのだから、口で言いなさい。
言いたいことがあるならちゃんと言いなさい。
伝わるかどうかはわからないが思ったことを口に出しなさい。
聞いたことに対して返事をしなさい。
聞こえないことがあったら聞き返しなさい。
わからないことがあったらわからないといいなさいと教えています。

その子育てに至ったのも、若い子と接していて、聞いているのかどうかわからないような気のない返事。わかっているのかどうかわかないないような対応。返事をしない。

結局仕上がりは間違っているので分からなかったんだなと思うと、最初に聞いてくれれば説明したのにと思い、その子と接することによってこういう子には育ってほしくないと思った。

どうなるかはわからないが最初に言っておけば急に言われるよりかは、うちはこういう家庭なんだと思うように育つと思った。腹が立って八つ当たりした時も泣きながらの返事もちゃんと返ってくる。

なんとなく間違っているとは思いながらも親の気持ちが落ち着くためには、返事が返ってきた方がイライラが増さない。今はこれでいいと思いながら、返事をしっかりさせるようにしている。むしろ返事をしろと強要しているような一面もあるが、こちらが返事をもらわないと落ち着けないことにもなっている。そんな感じで我が家のコミュニケーションは取れてはいるだろうなと実感している。ほかの子育てで見たことのない光景だが、うちでは日常だし泣いていても容赦なし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です